手続きの簡便性など

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

カードローンの場合、個人的な信用だけで貸し付けを行なう、「信用貸し」と呼ばれるシステムが採用されているので、借入をするにあたって、担保物件や保証人を設定する必要はありません。したがって、自分自身の収入によって返済することのできる限度額の範囲内であれば、自由なスタイルで借り入れをすることができるという訳です。

カードローンは、お金が必要な時、円滑に、迅速に借り入れをすることができるというメリットもありますが、その反面、デメリットも存在します。例えば、一般のローンと比較して、高い金利が設定されているという問題があります。カードローンの場合、担保や保証人を設定する必要がなく、借り入れをする際のハードルは低くなっています。しかしながら、貸した人が返済不能な状態に陥ると、担保によって損失を補填したり、保証人に返済を代行してもらったりすることができないという問題がありますこのように、貸す側の背負い込むリスクが高いために、比較的高い金利設定となっています。

こうした高い金利設定によって、特に、高額の借り入れをするに際して、返済時の負担が重くなる傾向にあります。裏を返せば、こちらの金利による負担をいかにして軽減することができるのかが、カードローンを上手に利用するためのポイントとなるでしょう。